カードローンを利用する時は返済方法もチェックしよう

金融企業によって異なるカードローン

皆さんはカードローンを利用する時、提供元の金融企業で利用するカードローンを選んでいるでしょうか。小口融資であるカードローンの審査基準は住宅ローンなどの大口融資に比べると甘めに設定されていますが、提供元の金融企業によって多少の違いがあります。例えば、銀行系のカードローンは他と比べて審査基準が多少高めに設定されていますが、その分金利は低めに設定されています。一方、消費者金融系のカードローンは審査基準は甘めの設定ですが、貸し倒れリスク抑制のために金利は高めの設定です。クレジットカードのキャッシング枠を利用して現金の借り入れをする信販会社系のカードローンは、クレジットカードの審査さえ通過していれば利用でき、キャッシングサービスを利用するために再審査を受ける必要はありません。

返済方法もしっかりと把握しよう

カードローンで借り入れをしたお金は当然期日までに返済をしなければなりませんが、返済方法にも種類があります。基本的に金利が高いカードローンのお勧めの返済方法は、翌月の一括払い返済になります。消費者金融によっては30日間利息無料などのキャンペーンを行っている場合もありますので、金利を節約したい人はチェックしておきましょう。注意が必要なのが、借り入れの合計金額に関わらず毎月一定額を返済していくリボ払い返済です。リボ払い返済は無理のない返済ができると言うメリットがありますが、借り入れの合計額が把握しづらくなると言うデメリットもあります。また返済期間中は高い金利を払い続けることになるので、少しでも金利の安い銀行系カードローンの利用がお勧めです。